千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

脇差

脇差 銘 兼元

室町時代後期

大永頃

美濃国

Kanemoto

 室町後期の美濃刀工孫六兼元が創始した二つ三つと連れる尖り刃を交えた三本杉の焼刃は、抜群の刃味を示したことから戦国武将達を魅了し、同時代及び後世の刀工にも多大な影響を与えた。板目の流れた地鉄は硬軟の鋼を織り交ぜて強度を高めており、関映りが明瞭に立って肌目に沿って流れるような景色も生じ、全面に付いた地沸と共に凄みのある鉄肌を呈する。三本杉の刃形は一様ならず自然味があり、帽子は乱れ込んで丸く返る。
脇差 銘 兼元
脇差 銘 兼元