千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

短刀

折返銘 高天神

室町時代後期

天文頃

美濃国-遠江国

Takatenjin

 高天神兼明は本国美濃で高天神城下に居住した刀工。激烈な戦いと武将の生死を目の当たりにして鍛刀した故か、遺作には戦国気質が充満し、しかも現存作は稀で、愛刀家の声望が殊に高い。
 本作も磨り上げたものの「高天神」の銘字が失われるのを惜しんで折返銘とされており、今なお身幅重ね充分で殆ど無反り、腰樋が掻かれて刺突と截断と両方に利のある戦国武将好みの一振。
折返銘 高天神
折返銘 高天神