千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

大磨上無銘 同田貫

桃山時代

文禄頃

肥後国

Dodanuki

 同田貫は、加藤清正に仕えた正国と清国を棟梁格とする刀工。がっちりとした、覇気のある刀や威力に満ちた槍、薙刀等、武将の信頼篤い戦場刀を手掛ける。この刀は元来二尺六寸程の長さで、磨り上げながら今なお身幅広く鋒が延びて反りやや高く、豪壮な姿。同時代の備前長船源兵衛尉祐定や孫右衛門清光を見るような上々の出来。
大磨上無銘 同田貫
大磨上無銘 同田貫