top of page
千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu
日本刀販売専門店

大磨上無銘 倫光(良業物)

南北朝時代

(南北朝中期貞治頃)

備前国

Tomomitsu

 長船倫光(ともみつ)は初代兼光の子で二代の弟と伝え、兼光門下では師に最も近似する作を遺したことによって評価が高く、二荒山神社に四尺一寸強の大太刀が奉納されているように、頗る高い技量を保持した刀工であることが知られている。
 この刀は、茎尻の痕跡から少なくとも五寸の磨り上げが行われたことが判かり、元来は二尺八寸を超える大太刀。
大磨上無銘 倫光(良業物)
youtube_rogo.png
大磨上無銘 倫光(良業物)
bottom of page