千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Prodaction work
​Tomoriki Imazu

切付銘 包永 本阿弥親俊 仰木伊織所持之

南北朝時代

貞治頃

大和国

Kanenaga

 仰木伊織は江戸期の刀の研究家。寛政四年に『古刀銘尽大全』を出版している。この刀は仰木伊織が所持した一口で、本阿弥親俊により「包永」と鑑定されて極め銘が施されている。包永は鎌倉後期に東大寺輾害門前辺りに鍛冶場を構えた平三郎に始まる。本作は作風から南北朝時代貞治頃の包永、即ち、仰木が『古刀銘尽大全』の系図で「包永建武頃 助三郎 平四郎共云」とした包永の作と鑑られる。
切付銘 包永 本阿弥親俊 仰木伊織所持之
切付銘 包永 本阿弥親俊 仰木伊織所持之