千里眼.png
検索には常用漢字をご利用ください。

Copy right Ginza Choshuya
Production work
​Tomoriki Imazu

太刀

備州長舩守久

南北朝時代

明徳頃

備前国

Morihisa

 南北朝末頃を活躍期とした、小反派の守久の作。元来は二尺七寸を超える長寸で、磨り上げながら腰反り高く中鋒の、優美な太刀の原姿を想起させる体躯。杢目交じりの板目肌は大きく揺れ、所々に応永備前を先取りするかの如き杢目が配され、地景で肌目が強調され、地沸微塵に付き、地斑と感応した激しく乱れる映りが全面に立ち、濃淡変化に富んでしかも古風。
備州長舩守久
備州長舩守久