Copy right Ginza Choshuya

検索には常用漢字をご利用ください。
​ 日本刀専門店銀座長州屋が四十年以上にわたって蓄積してきた刀装具などの武家美術品を順次アーカイブスに掲載して参ります。ご所蔵の作品との比較や、研究資料としてご利用いただければ幸甚です。尚、写真資料はサーチボックスからも検索可能です。検索の際は常用漢字をご利用いただくようにお願いします。また、掲載のお品は基本的にすべて当社の商品(旧商品)です。御品についてご質問等ございましたらお気軽にご一報下さい。
もっと見る

Ginza
Choshuya

日本刀専門店

月曜日ー土曜日 
9:30−17:30

〒104-0061 東京都中央区銀座3−10−4

電話番号 : 03-3541-8371
FAX : 03-3541-8379
株式会社 銀座長州屋

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード
水辺白鷺図鐔 銘 後藤法眼一乗(花押)

 後藤一乗は、後藤七郎右衛門家四代重乗の子で、寛政三年に京都に生まれた。兄に次左衛門家を継いだ是乗光煕が、弟に七郎右衛門家を継いだ久乗光覧がおり、いずれも一乗に劣らぬ技量と鋭い感性を保持している。九歳で八郎兵衛謙乗の養子となり、半左衛門家の亀乗に金工技術の手ほどきを受け、謙乗の没後に家督を襲い、後藤家の伝統を重んじた龍神や獅子図などを製作している。工銘は、はじめ光貨と切り、光行、光代と改め、光格天皇の御剣を製作して法橋の位を授かり一乗としている。天保年間には江戸の芝新銭座町(現港区浜松町駅辺り)に工房を構え、高い人気を得て多くの注文を受けたが、文久二年に孝明天皇の御太刀製作のために京に戻っており、この功績により法眼に叙せられている。齢七十三であった。