銀座長州屋 最新入荷品 (メールマガジンご紹介商品)一覧

新商品のご案内 刀 銘 大和大掾藤原氏重 万治二年三月吉日

刀 銘 大和大掾藤原氏重 万治二年三月吉日 播磨国 万治二年(西暦1659年 江戸時代前期),三百六十一年前 大和大掾氏重は播磨国姫路の刀工。明暦元年大和大掾を受領する。  彼が作刀の拠点とした播磨国姫路藩は京と大坂に近い西国外様大名の監視上の要地。本多、榊原、酒井等有力諸侯が歴代藩主を拝命した。  氏重はそんな重責を担う播磨武士の需に応えて鎚を振るい、廣峯神社天王宝殿、播磨総社伊和大明神、寛文二年正月松原山八幡宮への奉納刀を打つなどの栄誉に預かる。  その優れた技術と感性は血脈と共に代々引き継がれ、五代孫の朝七が寛政の改革で有名な老中松平定信に仕え、津田助廣張りの華麗な濤瀾乱刃で一世を風靡した。これが手柄山正繁である。 この刀は身幅広く両区深く、元先の幅差頃合いについて重ね厚く、中鋒にて寸法の延びた洗練味のある姿。  地鉄は明るく詰み澄んだ柾目鍛え。  刃文は浅い湾れに小互の目、箱がかった互の目を交え、物打付近で焼が高まる。  焼刃には、刃境から地中にかけて湯走りが広がって飛焼ごころにあるいは二重刃風となる。刃中には細かな砂流しが太く強い光沢のある金線を伴って断続的に掛かり、淡い島刃風に沸が凝り、足が入る。  保存状態の良い茎には太鑚の銘字と萬治二年紀が入念に刻され、明暦、萬治頃の刀の実像が示されて貴重。 黒蝋色塗鞘の拵が附されている。 無料メールマガジンのお申し込みはこちら。 TOPICS 新着情報 New arrival ・k3211 鐔 無銘(水戸) 李白観瀑図 (Ginza Choshuya Finesword) ・月刊『銀座情報』3月号     好

新商品のご案内 平造脇差 銘 備州長舩則(以下切 則光) 文正元年八月(良業物)

平造脇差 銘 備州長舩則(以下切 則光) 文正元年八月(良業物) 備前国 文正元年(西暦1466年 室町時代中期),五百五十四年前 五郎左衛門尉則光は応永備前の盛光、康光などの作風を受け継ぎ、寛正年間を中心に永享から康正にかけて活躍し、この時代に名品を製作したことから「寛正則光」の異名で刀史に輝く名工。映り立つ地鉄に直刃や乱刃の冴えた優品の数々を手掛けた。 この平造脇差は応仁の乱(1467年)直前の文正元年(1466年)の作。  地鉄は小杢を交じえた小板目鍛えで緻密に詰む。焼刃に沿って鮮明な棒映りが地斑を伴って綺麗に立つ。  刃文は直刃。微かに小互の目、浅い湾れを交える。刃境にほつれ、喰い違いごころの刃、小足、葉が盛んに入り、刃中は匂で澄む。 わずかな磨上げながら栗尻強く張った茎は保存に優れ、鑢は未だ鮮明。応永盛光に比しても遜色のない直刃出来。 脇差拵は大小一腰の小刀とみられ、黒漆塗の鞘は微細な粟文塗で品位高く、時代のままの肥後煤竹色糸で巻き込まれた赤銅地の獅子図目貫も風格があり、巴に意匠した舞鶴図鐔を掛けて味わい深い。 無料メールマガジンのお申し込みはこちら。 TOPICS 新着情報 New arrival ・k3226 鐔 無銘(古刀匠) 菊花文に沢瀉透図 (Ginza Choshuya Finesword) ・月刊『銀座情報』3月号     2/14発売。 ・ホームページにて 速報品を掲載いたしております。 ・Youtubeで動画のアップロードを始めました。 3月号館蔵品鑑賞ガイド[285] 阿弥陀鑢図鐔 無銘 平田彦三 のライブ解説をアップしております。

新商品のご案内 茶漆塗鞘小さ刀拵 附菊池槍 無銘

茶漆塗鞘小さ刀拵 附菊池槍 無銘 槍:肥後国 南北朝時代末期 約六二〇年前 飴色の茶漆が艶やかな瀟洒な小さ刀拵に納められた刀身は、凄み溢れる菊池槍。 菊池槍は槍の原初形態。所伝によれば、南朝の忠臣肥後の菊池武光によって考案され、地元の延壽鍛冶が鍛造したのが始まりという。 無料メールマガジンのお申し込みはこちら。 TOPICS 新着情報 New arrival ・k3238 縁頭 無銘 獅子図 (Ginza Choshuya Finesword) ・月刊『銀座情報』3月号     2/14発売。 ・ホームページにて 速報品を掲載いたしております。 ・Youtubeで動画のアップロードを始めました。 3月号館蔵品鑑賞ガイド[285] 阿弥陀鑢図鐔 無銘 平田彦三 のライブ解説をアップしております。 (上の画像をクリックすると動画へ飛びます) チャンネル登録、宜しくお願い致します。

新商品のご案内 刀 銘 宗次(三代)

刀 銘 宗次(三代) 肥前国 貞享頃 約330年前 芯鉄に極上の刃鉄と棟鉄を組み合わせて鍛錬された三代宗次の剛刀は、「試割鉄甲」の添銘のある刀が遺されているように、鉄兜を断ち割る程の威力があった。 三代宗次のこの刀は、身幅広く元先の幅差殆どなく、反り高く付いて鋒大きく延び、鎬地の肉が削ぎ落されて鎬筋強く張り、刃の通り抜けの良さを感じさせ、兜を截断せんばかりの迫力の体配。  地鉄は鎬地を杢目交じりの柾に鍛え、平地はよく詰んだ板目に流れごころの肌を交え、淡く沸映りが立つ。焼の高い刃文は互の目に丁子、尖りごころの刃、矢筈風の刃を交え、帽子は焼深く、激しく乱れ込み、やや突き上げて小丸に返り、長く棟を焼き下げ、飛焼と連動して皆焼ごころに覇気横溢。焼刃は刃縁が 沸で明るく、太い沸足、葉が盛んに入り、元から先まで細かな金線、砂流しが幾重にも掛かる。 茎の保存状態は良好で、この工の特徴である逆筋違鑢が掛けられている。 茎は柄木が太くならぬよう薄くしかも短く、片手での使用に適した構造としている 無料メールマガジンのお申し込みはこちら。 TOPICS 新着情報 New arrival ・k3245 鐔 無銘(備前正阿弥)対い蝶透図 (Ginza Choshuya Finesword) ・月刊『銀座情報』3月号     2/14発売。 ・ホームページにて 速報品を掲載いたしております。 ・Youtubeで動画のアップロードを始めました。 3月号館蔵品鑑賞ガイド[285] 阿弥陀鑢図鐔 無銘 平田彦三 のライブ解説をアップしております。 (上の画像をクリックすると動画へ飛びます) チャ

新商品のご案内 太刀 銘 氷心子秀世焠之 天保七年五月日

太刀 銘 氷心子秀世焠之 天保七年五月日 武蔵国 天保七年 (西暦1836年 江戸時代後期) 183年前 氷心子秀世(ひょうしんしひでよ)は、水心子正秀の門人で本名を田村群平といい、越後高田藩榊原家に仕えた。麻布今里に住し、作品は文政十一年から安政三年頃までみられる。  師水心子正秀の復古刀理論に感化されて古作写しが多く、姿、地鉄造り、焼刃には独自の工夫の跡がみられる。  通説は秀世を正秀の娘婿とするが、勝海舟の父小吉の『夢酔独言』に「水心子天秀といふ刀かじの孫婿に水心子秀世といふ男」という記述から、北司正次の妹で書画を能くした孫娘美須の婿と訂正されるべきであろう。 この太刀は、古刀山城物に私淑したと思われる一口。 茎を古名刀に見るような雉子股に仕立てて笠木反り高く中鋒に造りみ、腰元に梵字と護摩箸の彫。  秀世の写し物の中でも本格的かつ豪壮の一刀。 ​ 無料メールマガジンのお申し込みはこちら。 TOPICS 新着情報 New arrival ・k3234 目貫 無銘(水戸)金剛力士(仁王)図 (Ginza Choshuya Finesword) ・Youtubeで動画のアップロードを始めました。 ←Click here (画像をクリックするとYoutubeの長州屋の動画一覧へ飛びます。) チャンネル登録、宜しくお願い致します。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook Basic Square