ご注文はこちら
三つのお約束

月刊銀座情報銀座情報 一覧

刀 大磨上無銘 尻懸
Katana
no sign (O-suriage mumei) Shikkake


大和国 南北朝中期 約六百六十年前 刃長 二尺五分五厘(六二・二糎) 反り 五分 元幅 九分二厘 先幅 六分二厘半 棟重ね 一分七厘 鎬重ね 二分 白鞘入  金着二重ハバキ 林田蘇堂鞘書「大和國包永」
昭和三十年東京都登録
特別保存刀剣鑑定書(尻懸)

価額 700,000円(消費税込)

 鞘書には大和国包永と記されているが、大磨上によって扱い易い片手打ちの寸法に仕立てられ、抜刀術に適した肥後拵(注@)に収められて伝来した、同国同時代の尻懸派の作(注A)。戦国時代を経て尋常な姿とされてはいるが、鎬が強く張って平肉が付いた造り込みには大和古作の特徴が良く現れている。板目鍛えの地鉄は躍動的に揺れる肌を交えて微細な地沸で覆われ、焼刃に迫るように全面に淡い沸映りが立ち、肌目に沿った地沸と共に、殊に区上辺りに流れるような躍動的景色が浮かび上がる。直刃の刃文は小互の目を交え、所々ほつれ、喰い違い、湯走り、うちのけなどが働き、細い金線が刃境を横断して稲妻状に光る。帽子は掃き掛けを伴い浅く返る。
尻懸とは鎌倉時代後期文保頃の則長を祖として南北朝時代にかけて活躍した大和五派の一。則長は大業物作者に指定されているほどに斬れ味が優れており、大和國の僧門のみならず武士の信頼厚く、時代に応じた長寸の太刀を製作している。このため、後に大磨上無銘とされた刀が頗る多い。同国包永派の作に似るも、刃中に小互の目が交じる傾向が強く、また沸付く特徴がある。

注@…鞘書には「信長拵添」とある。信長拵とは肥後国細川家に伝来した柳鮫皮包鞘の肥後拵。付されていたこの信長拵写しの拵は、現在は失われている。
注A…鞘書に「大和國包永」とあり、古くは手掻包永と極められていた。鞘書の蘇堂は、九州一の目利きと謳われた林田等翁である。

刀 大磨上無銘 尻懸刀 大磨上無銘 尻懸刀 大磨上無銘 尻懸 白鞘刀 大磨上無銘 尻懸 白鞘

刀 大磨上無銘 尻懸 切先表刀 大磨上無銘 尻懸 刀身中央表刀 大磨上無銘 尻懸 刀身表ハバキ上

刀 大磨上無銘 尻懸 切先裏刀 大磨上無銘 尻懸 刀身中央裏刀 大磨上無銘 尻懸 刀身裏 ハバキ上

刀 大磨上無銘 尻懸 ハバキ



尻懸 押形

Ginza Choshuya All Rights Reserved