ご注文はこちら
三つのお約束

月刊銀座情報銀座情報 一覧

菖蒲造脇差 銘 長州住顕国
Shobu-zukuri Wakizashi Choshu ju Akikuni

長門国 応永 約六百年前 刃長 一尺六分三厘(三二.二糎) 反り 二分一厘 元幅 九分強 棟重ね 九厘強
鎬重ね 一分六厘半 金着二重ハバキ 白鞘入 本間薫山博士鞘書
『鑑刀日々抄』所載  昭和二十六年東京都登録
重要刀剣

価格 2,600,000円 (消費税込)

 顕国は筑前左文字の流れを汲む長州府中住安吉の子と伝え、世に長州左、あるいは長門左と称され、居住地は古く瀬戸の崎と呼ばれていた現在の長門市仙崎である。現存品にみる年紀は応永二年が最古で、長州住左衛門尉顕国、あるいは長州瀬戸崎住人顕国と銘する作例もあるが、名の知られている割に在銘作が少なく、長州古作を求める者にとっては垂涎の逸物である。

 この脇差は、横手を設けず、鯰尾のように物打辺りの刃先の構成線に張りのある菖蒲造とされ、寸法の割に身幅広く茎長く、南北朝期の余香を残す重ね控えめに鎬筋を立てた、鋒延びごころの鋭利な姿形。鋒に力が込められるよう茎が細身に仕立てられている点は興味深い。小板目に細かい柾目を配した地鉄は肌目が詰んで穏やかな地景が現れ、厚く付いた地沸は黒く澄み肌目に沿って流れ、平地全面が清く冴え渡る。豊かな沸で包まれた互の目乱の刃文は小湾れを交えて刃区下まで強く焼き込み、匂で澄んだ刃中には沸足が頻繁に入って刃縁も小沸付き、刃境には金線、砂流し、沸筋が掛かり、帽子は乱れ込んで突き上げごころの小丸に返る。区下から五字の銘がなんの衒いもなく飄々と切られ、上身、茎共に天然味に溢れた優品となっている。

菖蒲造脇差 銘 長州住顕国菖蒲造脇差 銘 長州住顕国菖蒲造脇差 銘 長州住顕国 白鞘

菖蒲造脇差 銘 長州住顕国 切先表菖蒲造脇差 銘 長州住顕国 刀身中央表

菖蒲造脇差 銘 長州住顕国 切先裏菖蒲造脇差 銘 長州住顕国 刀身中央裏

菖蒲造脇差 銘 長州住顕国 ハバキ



顕国 押形



Ginza Choshuya All Rights Reserved