ご注文はこちら
三つのお約束

月刊銀座情報銀座情報 一覧

薙刀 銘 飛騨守藤原氏房 (業物)
Naginata sign Hida no kami fujiwara Ujifusa(Wazamono)

美濃国 慶長頃 約四百二十年前 刃長 一尺五寸八分五厘(四八糎) 反り 七分三厘 元幅 一寸二厘
物打幅 一寸九厘 棟重ね 二分三厘 鎬重ね 二分四厘半 彫刻 表裏 薙刀樋丸止 金着一重ハバキ 白鞘入
昭和五十四年東京都登録

特別保存刀剣鑑定書
価額850,000円(消費税込)

 適度な寸法と反り格好、鎬を張らせて棟寄りの肉を削ぐことにより刃の通り抜けの良さを高め、しかも打ち合いにも耐えうる頑丈な構造とした、戦国末期から江戸時代最初期が活躍期の、飛騨守氏房の健全度の高い薙刀。氏房は美濃兼房の流れを汲む作刀技術の高い流派で、斬れ味に優れた美濃刀の優秀性に相州振りを加味した迫力のある作風を専らとし、実戦に耐え抜いた刀や脇差が残されている。この氏房は永禄十年に、先代若狭守氏房の子として関に生まれ、長じて織田信孝に仕える。天正十一年に主家が没したことにより流浪の身となったが、後に父の下で鍛冶業を学び、家伝の作風を受け継いでいる。慶長十五年には名古屋城築城に伴って城下に移住、武骨で鳴る尾張の武士の注文を受け、六十五歳で没する年まで作刀に励んでいた。

 この薙刀も氏房の典型的な地刃からなる出来。小板目状によく詰んだ地鉄に板目を交えて密に詰み、全面に微細な地沸が付いて細かな地景がこれを分けて入り組み、沸は粒立ちながらも叢にならずにしっとりとして武器とは思えぬ肌合い。刃文は腰の開いた互の目に湾れを交えた氏房伝で抑揚があり、焼頭は複雑に乱れて帽子も浅く乱れ込み、先掃き掛けを伴い、返りが長く、棟焼に連続する。匂口明るくやわらか味のある焼刃は所々に沸が付いて流れ、刃境が細やかにほつれて刃中では沸筋となり、全体に長短の足と葉が入る。下端部まで錆込みなく鑢目も綺麗に揃った茎に、鑚深い銘が切り施されている。

薙刀 銘 飛騨守藤原氏房 (業物)  表薙刀 銘 飛騨守藤原氏房 (業物)  裏薙刀 銘 飛騨守藤原氏房 (業物)  白鞘

薙刀 銘 飛騨守藤原氏房 (業物)  切先薙刀 銘 飛騨守藤原氏房 (業物)  刀身中央薙刀 銘 飛騨守藤原氏房 (業物)  ハバキ上

薙刀 銘 飛騨守藤原氏房 (業物)  切先薙刀 銘 飛騨守藤原氏房 (業物)  刀身中央薙刀 銘 飛騨守藤原氏房 (業物)  ハバキ上

薙刀 銘 飛騨守藤原氏房 (業物)  ハバキ

薙刀 銘 飛騨守藤原氏房

Ginza Choshuya All Rights Reserved