ご注文はこちら
三つのお約束

月刊銀座情報銀座情報 一覧

刀 銘 賀州住家次
Katana sign Gashu ju Ietsugu

加賀国 承応頃 約三百六十年前 刃長 二尺五寸九分五厘(七八・六糎)反り 七分二厘
元幅 一寸一分二厘 先幅 七分八厘 棟重ね 二分五厘半 鎬重ね 二分六厘強
彫刻 表裏 棒樋掻流し 金着二重ハバキ
白鞘入 昭和二十六年東京都登録

価額1,100,000円

 室町時代初期に隆盛した藤島友重の流れを汲む橋爪鍛冶の家次は、能美村(現小松市)を拠点として室町中期から新刀期に亘って数代を重ねている。承応三年、前田利常が、我が子綱紀の家督相続十周年を記念して領内二十二名の優工に刀を打たせ、先代利長の菩提寺である瑞龍寺に奉納した。その中に掲載の家次の作があり、家次は加賀新刀全盛期を代表する一人であったことが判明する。
元先の身幅極端に広く重ね極厚、寸法も二尺六寸にも届かんとするこの長大な刀は、深い樋を掻いてもなお千グラムに近い重量を保つ、江戸最初期婆娑羅と傾きの意識が渦巻く時代を偲ばせる剛刀。如何なる屈強の武士が備えとしたものであろうか、茎下部にも合戦を想定して控えの目釘穴を設けており、所持者の怠りのない意識が窺える。板目鍛えの地鉄は靭性を高める目的であろうか地景を交えて強く肌立ち、鎬寄りに沸映りが現れて凄みがある。刃文は焼の深い不定形な小互の目乱の連続で、小模様ながら小丁子、括れた刃、尖刃、角刃、箱がかる刃を交えて変化に富み、帽子も調子を同じくして激しく乱れて返る。匂口締まって明るく冴えた焼刃は、刃縁に小沸が付いて一部に金線が流れ、匂で澄んだ刃中には小足、葉が無数に入る。茎仕立てもがっしりとしており、常にない出来となっている。

注…「瑞龍院為 御寄進依?奉作之 賀州住家次 承應三年八月吉日」の銘のある刃長二尺六寸、反り七分の刀が、『加州新刀大鑑』に押形共所載されている。本誌掲載刀は茎長までこれとほぼ同寸であることから、奉納刀の陰打ちか。

 

刀 銘 賀州住家次

刀 銘 賀州住家次

刀 銘 賀州住家次刀身中央

刀 銘 賀州住家次 切先

Ginza Choshuya All Rights Reserved