ご注文はこちら
三つのお約束

月刊銀座情報銀座情報 一覧

刀 銘 (葵紋) 康継以南蠻鉄於武州江戸作之
(江戸四代)

Katana Yasutsugu nanban tetsu wo motte bushu Edo ni oite
kore wo tsukuru (Edo 4-dai)

武蔵国 貞享頃 約三百三十年前 刃長 二尺五寸(七十五・七糎) 反り 六分 元幅 一寸七厘 先幅 六分六厘
重ね 二分五厘強 金着二重ハバキ 白鞘入
昭和二十七年神奈川県登録
特別保存刀剣鑑定書(江戸四代)
価額1,450,000円(消費税込)

 徳川家康より葵紋と康の文字を賜った初代康継以来、同家では清楚で力強い作風を守り続けている。背景には幕府が求めた伝統重視の志向があり、装飾や流行に走らず質実な作風を専らとしたもので、江戸四代康継もまた高い技術を受け継ぎ、武門の信用を得て活躍している。因みに、元禄四年、将軍綱吉が湯島聖堂を建造した折に奉納した剣は四代康継の手になるもので、直調の焼刃に小互の目を配した品位の高い作であった。
 この刀は身幅広く重ね尋常に寸法伸び、反り深めに総体のバランスが良く、頗る姿が良い。さらに区深く残され健全体を保って手持ち重く、世情は元禄文化に象徴されるように平和であったにもかかわらず、屈強の使い手が求めたものであろう頑丈な印象がある。小板目鍛えの地鉄は微塵に詰んで地沸が付き、父祖以来の技術に洗練味が加わって一際冴えている。小沸と匂の複合になる直刃は処々湾れ、小互の目を交えて軽やかに切先へと向かい、帽子は先小丸に返る。処々小豆を並べたように小模様に乱れる焼刃は小沸が叢付いて浅く変化し、匂が淡く広がって透明感のある刃中には小足が射す。刃中のみならず所々湯走りが地中に淡く働くなど、地刃の境界は透明感と明るさで際立つ。肉厚く仕立てた茎いっぱいに、三葉葵紋と、独特の細鑚になる、二代に似た銘が刻されている。



刀 銘 (葵紋) 康継以南蠻鉄於武州江戸作之 表刀 銘 (葵紋) 康継以南蠻鉄於武州江戸作之 裏刀 銘 (葵紋) 康継以南蠻鉄於武州江戸作之 白鞘

刀 銘 (葵紋) 康継以南蠻鉄於武州江戸作之 切先表刀 銘 (葵紋) 康継以南蠻鉄於武州江戸作之 刀身中央表刀 銘 (葵紋) 康継以南蠻鉄於武州江戸作之 刀身表ハバキ上

刀 銘 (葵紋) 康継以南蠻鉄於武州江戸作之 切先裏刀 銘 (葵紋) 康継以南蠻鉄於武州江戸作之 刀身中央裏刀 銘 (葵紋) 康継以南蠻鉄於武州江戸作之 刀身裏 ハバキ上



 



Ginza Choshuya All Rights Reserved