このページではJavaScriptを使用しています。

ご注文はこちら
三つのお約束
一覧

刀 大磨上無銘 当麻
Katana oh suriage mumei7 Taima

大和国 鎌倉後期 約六百九十年前 刃長 二尺二寸三分五厘(六七・七糎) 反り 六分八厘 元幅 九分四厘
先幅 六分二厘 棟重ね 二分一厘強 鎬重ね 二分三厘  金着二重ハバキ 白鞘入 昭和二十六年長野県登録

重要刀剣(当麻) 

 当麻鍛冶が従属していたと伝える大和国南西部の当麻寺の辺りは、同国橿原から河内へと下る街道沿いで、この地に刀鍛冶が栄えた理由は、当麻寺との関わりだけではないと思われる。神話に登場する相撲の初祖当麻蹴速などで知られるような古代氏族の繁栄からも、地域闘争が背後に窺いとれるのである。当麻派の初祖は鎌倉時代後期の正応から元応頃の國行。遺されている多くは磨り上げられて操作性に富んだ寸法の無銘刀とされてはいるが、大和物特有の地鉄に沸が強く意識された焼刃に当麻派の特質と美観が示されており、数奇者垂涎の的となっている。
 この刀も磨り上げられてはいるが、反り深く鎬が張って平肉たっぷりとし、小鋒は延びごころに、力強い太刀の原姿が窺いとれる。杢目を交えた板目鍛えの地鉄は、総体に弛むことなく詰み、微細な地沸で覆われると共に穏やかな地景が入り組んで活力に満ち、鎬寄りには淡く映りが起って古調な地相にさらに品位を与えている。刃文は直刃が浅く湾れ、互の目が小模様に乱れて帽子は掃き掛けて焼き詰め。所々に湯走りが掛かって二重刃も顕著。焼刃は匂口明るく冴え冴えとし、さらに明るい小沸が刃縁を彩り、これがほつれとなって和紙を引き裂いたように刃中に広がり、あるいはまた平地側にもほつれ掛かり、刃縁には喰い違い、打ちのけが現れ、地刃を越えて稲妻状の金線が光る。匂が濃密に立ち込めた刃中には小足が盛んに射し、これにほつれと金線が流れ掛かり、特に物打からふくらにかけて渦巻いて流れる沸筋と砂流しが目立つ。探山先生の鞘書に「…同派極中屈指の優品而沸ノ變化見事也珍々重々」とあるように、大和古作の中でも沸による自然な美観が印象的な作となっている。

刀 大磨上無銘 当麻 差表刀 大磨上無銘 当麻 差裏刀 大磨上無銘 当麻 鞘書

刀 大磨上無銘 当麻 切先刀 大磨上無銘 当麻 刀身中央刀 大磨上無銘 当麻 裏

刀 大磨上無銘 当麻 切先刀 大磨上無銘 当麻 刀身中央刀 大磨上無銘 当麻 区上  

Ginza Choshuya All Rights Reserved